「パンマル」の作り方ー基礎編

パンマルの形は、用言の語幹に語尾の-아/어 を付けて作ります。くだけた丁寧形の해요 体が分かる場合は、そこから요 を取ることで해 体になります。例えば、먹다 の해요 体は먹어요 ですが、ここから요 を取ると먹어 になります。変則活用が関わることも多いですが、해요 体の作り方が分かれば問題ありません。しかし指定詞の-이다 と아니다 については、해요 体から요 を取った-이에 (×)、아니에 (×)ではなく、-이야 、아니야 という形になります。また、하세요,오세요 のように尊敬の-(으)시 – が付いたものは-세 (×)ではなく、-셔 となります。パンマルは해요 体と同じように、平叙形・疑問形・命令形・勧誘系が全て同じ形になり、話すときにはイントネーションによってしっかり区別されます。